トピックスtopics

ホーム > トピックス > 海外調査の重要性②

トピックス

2009年10月01日topics
海外調査の重要性②

 弊社では海外調査のポイントとして、下記①②を重要視しています。

①    検索データベース(DB)/現地代理人の選定

②    調査分類/キーワードの選定

①に関しては、現在多くの海外検索DBがあり、弊社でも複数のDBを使用しています。これらのDBは、それぞれメリット・デメリットがあるため、その特徴を理解し、調査目的に適したDBを使用することが重要です。

 

 弊社がDB選択で特に重要視している点は、原語検索が可能かどうかです。DBの中には英語で複数国を一括検索可能なものもありますが、このようなDBには原語検索よりも公報の蓄積範囲が少ない、正確なキーワード検索ができない等のデメリットもあります。ですので、特に侵害性調査のように重要な調査の場合は、必ず原語検索可能なDBを使用して調査を行っています。

 

また、DB検索ができない国の調査を行う場合には、経験豊富な代理人に依頼し、調査目的や抽出観点等の事前打ち合わせを綿密に行い、中間報告等段階的に調査報告をもらうことで、代理人と調査観点におけるズレがないか確認しています。

 次回は、上記ポイント②についてご説明いたします。

 

株式会社ネットス
国際部マネージャー
藤本 周一

特許・実用新案調査、意匠調査、情報解析、翻訳のことなら、
お見積り・ご相談などネットスまでお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
    • 大阪06-6261-2990
    • 東京03-5777-3263
  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせフォーム
  • ネットスの特徴
  • 業務フローチャート
  • サン・グループ紹介動画
株式会社ネットス 【本社】 大阪市中央区南船場1丁目15番14号 堺筋稲畑ビル2階 5階(総合受付) 【東京支社】 東京都千代田区平河町1-1-8 麹町市原ビル3階 ご相談・お問い合わせ 国内外の特許・意匠・文献の調査・解析など、知的財産に関することならお気軽にご相談下さい。 ご相談・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ 06-6261-2990(大阪) 03-3237-4390(東京)